FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加齢臭や体臭に効く柿渋石鹸 【 渋の泡 】 体験者の声

これ、

当ブログの管理人の身近であった話なんですが・・

この際なのでご紹介します。

同僚Aの悲しい物語です ( 以下、A ) 。


そのA、実は結構な体臭の持ち主だったんです。

でも 私を含め、周りの同僚もあえてそのことには触れずに

一緒にAと仕事をしていました。


でもやっぱり ニオイっていうのはある意味凶器であり

夏場なんか特に酷かったんですよね。

とはいってもワキガではありませんよ。加齢臭+体臭です。

まだ 20 代なのに何故か加齢臭が凄かった。。。



そんな毎日を送ってるうちに、ある事件が起こりました。


お客さんからクレームが入ったのです。


私達は接客業をやっていたため お客さんと触れ合う機会も多かったのですが、

そのお客さんのうちの一人からクレームが入りました ( クレームは紙面です )。

内容は・・


「 Aくん臭い!!! 」


その一言です。


本来、お客さんからクレームが入った場合は

従業員ルームの掲示板にそれがそのまま貼り出されます。

名指しのクレームの場合は名前のところだけ総務の人がマジックで消して

誰へのクレームだか分からないようにしてから貼り出されます。


では 「 Aくん臭い!!! 」 のクレームはどうなったと思います?


はい、貼り出されることはありませんでした。


しかし、ここでまた事件が起きたのです。


そのクレーム用紙を持っていた総務の人が クレームの件を課長に伝え、

そしてその課長が私達従業員に伝え、あれよあれよという間に

そのAくんの耳にまで届いてしまったのです。

まるで伝言ゲームです。。。


その日からでしょうか・・、Aくんは少し精神を病んだみたいで

結構 近寄りがたい雰囲気を出すようになってきました。


とまぁ、それでも変わらず一緒に仕事をしてたわけですが、

そんなAくんからある日、相談を受けたのです。


簡単に言うと、


「 加齢臭がなんで出るのか分からない。においを消したい。 」


という内容です。


実はAくんは自分で自分のニオイを自覚してました。

ただ、そこまで迷惑をかけるようなニオイではないと思ってたとのこと。


そこで私は当時話題になっていた柿渋石鹸をAくんに薦めてみたんです。


( ※現在、【 柿渋石鹸 】 ⇒ 【 渋の泡 】 に商品名が変わりました )


diet-610-00.jpg




とりあえず彼には商品名とその外観イメージだけを口頭で伝え、

彼は 「 注文してみる 」 との言葉を残して その場は終わりました。


それから約一週間、、、


柿渋石鹸 【 渋の泡 】 を薦めたことなどすっかり忘れた頃です。

私はいつも通り特に何の変化もない日々を送っていたのですが、

仕事中にふと、あることに気づいたのです。



Aくんからニオイがしない!!!



Aくんのほうから買ったとか使用したとかの報告がなかったので

特に意識もしてなかったのですが、ふとそれに気付いたときに

私は思わず言ってしまいました。


「 もしかして、例の石鹸使ったの? 」


答えはYESでした。


ふぇぇぇ。。。

正直びっくりしましたよ。

薦めておいて言うのもなんですが、

ここまで柿渋石鹸 【 渋の泡 】 が効果あるとは思ってなかったんで(爆)


「 におわない? 」

そう訊いてくる彼に対し、

私は力強く 「 全っっ然におわないよ!! 」 と言ってしまいました。


いやぁ、ホント良かった!

効果があって良かった!

本人も満足そうだったし、周りも幸せ。

WIN WINな関係ですよ。


とまぁ、随分と長くなりましたが、

体臭や加齢臭を気にしてる人には

柿渋石鹸 【 渋の泡 】 を強くお薦めしますよ!!!


参考:現在の最安店はこちら


⇒詳しく見るなら






関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

らくしろたん

Author:らくしろたん

自社の商品の売上を伸ばしたいならココ
自社商品の売上を伸ばしたいなら、ここがお薦めです。みなさんが販促活動を勝手にやってくれます。
おすすめ
最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
ご訪問ありがとうでござる
あしあと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。